【介護福祉士の皆様へ】本会キャッチコピー(案)アンケートのご協力について(お願い)

沖縄県介護福祉士会は、私たち介護福祉士にとっての生命線であり、いわば最後の砦・城であるといえます。
そもそも沖縄県介護福祉士会とは、だれのために(存在)あるのか?

それは、『生活支援を必要とする利用者・家族の暮らしが、より良いものになるよう、

日々現場で奮闘している会員・介護福祉士のため』にあるといえます。

ですが、特定の個人だけが私利私欲を満たすことや、又、特定の事業所だけが恩恵を受ける、

ということがあっては決してなりません。

あくまでも(本会の目的・理念とは)

県民の福祉に貢献する・支援を必要とする高齢者や障がい者、

女性や子供といった方々へ手をさしのべ、共に手を携え、支えあい、

助け合っていく福祉(しあわせ)社会の構築に寄与するということが、

この先決して変わることのない、本会の目的・理念(存在意義)なのです。
支援を必要とする利用者・家族の望む暮らしを支え、

その想いに向き合い、人間の一生に関わりつづけるという
この『介護』という仕事だからこそ、その醍醐味を知ることができる!

この『介護』でなければ あじわえない、その奥深い魅力を!

さあ、私たち介護福祉士一人ひとりのチカラで、

介護という仕事の『醍醐味』や『魅力』を、広く発信していこうではありませんか!!

今後、本会のキャッチコピーを作成して、

介護の魅力を広く県民等へ発信していこうと考えている次第です。

つきましては、正会員及び介護福祉士の皆様からキャッチコピー(案)について、

ご意見等をお伺いしたいと思っております。

尚、本会キャッチコピー(案)アンケート・意見書については、

5月8日(月)までの受付・締切とさせていただきます。

お手数をお掛けして誠に恐縮ですが、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

H29.本会キャッチコピー(案)の意見募集について.okikaigo

詳細はこちら